引越しの料金は比較したら安くなる

引越しの料金を節約する方法

引越しには何かとお金がかかります。
家やマンションを購入する場合はかなり大きな出費となりますし、賃貸の場合でも敷金や礼金などがかかります。
さらに新居に合わせた家具やカーテンの購入も必要になります。
ですから引越し業者に支払う料金は出来るだけ安く抑えたいものです。

まず繁忙期は避けます。
3月末から4月半ばくらいは、新生活のため閑散期に比べると2倍ほどの料金になることがあります。
また曜日や時間によっても違いがあります。
閑散期の平日、特に月曜日から木曜日が狙い目です。
時間によっても料金の違いがあります。
午前中よりも午後からの開始やフリー便を利用するという手もあります。

ですがこの場合、午前中の引越しが終わってからになりますので、作業開始時間の指定ができませんし、開始時間が大幅に遅れる可能性もあります。
梱包資材は無料とほとんどの引越し業者では謳っていますが、この料金はすでに見積料金に含まれていることがほとんどなのです。
ですので、ご自分で梱包資材を用意できるのであれば、値引きを交渉することもできます。
梱包、荷解きの作業をお任せできるプランもありますが、こちらはかなり高額になりますので、ご自身で行うのが良いでしょう。トラックの大きさや、当日の作業員の人数によっても料金は変わってきます。
不要な家具などは、引越しを機会に思い切って処分することをおすすめします。
運ぶ荷物が少なくなればその分、トラックも小さくできますし、作業員の人数も少なくできます。


引越し業者からの見積は、複数の会社から取ることをおすすめします。
業者が見積に来た時に、他社の提示した金額を伝えると、その金額よりもさらに値引きした金額を提示してくる場合があります。
上手く交渉して、値引きしてもらいます。
ただし、安ければそれで良いわけではありません。大切な家財を運んでもらうので、任せて安心かをきちんと見極めることも大切です。